これから脱毛サロンや医療脱毛に通おうとしている方の中には、どのような仕組みで脱毛できるのか不思議に思っている方も多いのではないでしょうか。

今生えている毛が、なぜ、どのような仕組みで薄くなるのか理解できれば、より前向きに脱毛を開始できますよね。

そこで今回、なぜ脱毛サロンや医療機関に通うと脱毛できるのか、そのメカニズムについて紹介していきます。


毛周期とは一体なに?

脱毛サロンや医療機関でカウンセリングを受けると、必ずといっていいほど毛周期に合わせて施術を行うと説明されます。

これまで脱毛したことのない人にとって毛周期という言葉は初めて聞くフレーズではないでしょうか。

まずこの毛周期について解説していきます。



毛には成長期と退行期、休止期という3つのサイクルがあり、これを毛周期と言います。

成長期とは、今まさに成長している毛のことを言い、毛細血管から栄養を取り込み、毛母細胞が活発に細胞分裂している状態です。

退行期に入ると、毛母細胞の働きが弱くなり、毛が成長しなくなります。

毛は毛乳頭から離れ、栄養の供給がなくなり完全に成長がとまります。

成長が終わった毛は、少しずつ上に持ち上げられ、体外へ排出され、やがて抜け落ちます。

休止期とは、次の新しい毛が生み出されるまで休んでいる状態です。

しばらくすると新しい毛が作られ、成長期へと戻ります。

この毛周期というサイクルを繰り返すことで、元気な毛を生やし続けることができるのです。


毛周期と脱毛の関係とは?

一般的な脱毛では、成長期の毛に対してのみ脱毛効果を与えることができます。

なぜ成長期のみなのかというと、一般的な脱毛方法は毛乳頭に対してダメージを与えていくからです。

毛乳頭は毛根部の一番下のふくらんだ部分にあり、毛細血管から栄養を取り込んで、毛を成長させるという重要な役割があります。

この過程は成長期にあり、毛乳頭に対して熱エネルギーによるダメージを与えることで、徐々に毛の成長力を奪うことができます。

しかし最近では、新しい脱毛方法が開発され、成長期に限らず抑毛効果を発揮できる脱毛方法も増えてきています。


脱毛方法によるメカニズムの違いとは?

脱毛方法によって毛が薄くなるメカニズムが異なります。

脱毛サロンの代表的なIPL脱毛、S.S.C.脱毛、ハイパースキン脱毛、SHR脱毛と医療脱毛のメカニズムについて紹介します。

IPL脱毛のメカニズム

IPL脱毛は、黒いメラニン色素に反応する光を照射することで、毛根部にダメージを与えられます。

照射した光は一瞬高熱を放ちますが、その熱エネルギーが毛根にダメージを与えるため抑毛効果につながります。

その時点で毛根部は離れているのですが、体外へ排出するまで時間がかかるので、抜け落ちるのは施術してから2週間後です。

IPL脱毛は毛根部がつながった成長期の毛のみにダメージを与えられるので、毛周期に合わせて2か月から3か月おきに施術を行います。

吉祥寺の脱毛サロンの中でIPL脱毛を導入しているのは、銀座カラーシースリーキレイモがあります。

S.S.C.脱毛のメカニズム

S.S.C.脱毛はスムーススキンコントロール脱毛のことを言い、抑毛ジェルと光の相乗効果によって脱毛効果を発揮します。

抑毛成分を含むカプセルが配合されたジェルを塗り、そこに光を当てると光の熱によってカプセルが弾け、その中から抑毛成分が放出されます。

放出された抑毛成分が毛根に浸透し、抑毛効果を発揮するという仕組みです。

つまり抑毛成分を毛根に浸透させることで抑毛効果を発揮するため、IPL脱毛では効果を実感しにくかったうぶ毛にも効果が高いのです。

S.S.C.脱毛も成長期の毛のみに効果を発揮するため、毛周期に合わせて2か月~3か月の頻度で施術を行います。

吉祥寺の脱毛サロンの中でS.S.C.脱毛を導入しているのは、ミュゼプラチナム脱毛ラボです。

ハイパースキン脱毛&SHR脱毛のメカニズム

ハイパースキン脱毛は毛の種がターゲット、SHR脱毛は毛包をターゲットにしているため、毛周期に関係なく施術ができます。

一般的には毛周期に合わせて2~3か月に1回の頻度ですが、ハイパースキン脱毛とSHR脱毛は、最短2週間~1か月に1回の頻度で施術が可能です。

また一般的な脱毛方法は、照射時に60~80度という高温に達するため、施術時の痛みや毛穴の炎症が生じる可能性があります。

一方、ハイパースキン脱毛は、照射する光の体感温度は38度程度なので、ほのかに温かく感じる程度です。

熱さの刺激や痛みが少ないため、ニキビ肌やアトピー肌など敏感な肌質の人でも安心して脱毛できるうえに、3歳から脱毛可能となっています。

そしてSHR脱毛は45~50度の低温のエネルギーを照射していくので、ハイパースキン脱毛同様に施術時の痛みが少ないのが魅力です。

吉祥寺の脱毛サロンの中でハイパースキン脱毛を導入しているのはディオーネ、SHR脱毛を導入しているのはラココです。

医療脱毛のメカニズム

医療脱毛では、厚生労働省から認可を受けた出力の高いレーザー脱毛機を使用できます。

黒いメラニン色素に反応するレーザーを照射し、熱エネルギーに変換することで、毛根部に直接ダメージを与えることができます。

医療脱毛は成長期の毛のみにダメージを与えられるので、毛周期に合わせて2~3か月に1回の頻度で施術を行います。

医療脱毛の中にも脱毛機のブランドの違いにより効果に差が出ます。

例えば、湘南美容外科クリニックが導入している医療用レーザー「アレキサンドライト」は日本人の肌質に合った脱毛機で、元々シミの治療として使われた

レーザーを脱毛に応用しているので、脱毛効果だけでなく美肌効果も期待できます。

波長は755nmと毛包にしっかり届き、照射口が大きく、乱反射が起こりにくいため、光エネルギーのロスが少なく、効率よく脱毛できるメリットがあります。

他にもヤグレーザーというレーザーの種類がありますが、こちらも波長が長く、肌の深いところまで届きます。

そのため脱毛効果が高く、太く濃い毛の脱毛に向いていますが、肌が白い方や痛みに弱い方には向いていません。

脱毛サロンの光脱毛と医療脱毛の違いは、脱毛機の出力の違いです。

医療脱毛で使用される脱毛機は、出力が強く、毛根まで直接ダメージを届けられるため、強いダメージを与えられます。

今回紹介したように、脱毛サロンの中にもいくつかの脱毛方法があります。

また医療機関で行う医療脱毛は脱毛サロンの光脱毛とは違い、脱毛の確実性が高いのが魅力です。

高い金額を支払っても早く脱毛を終えたいという人は、断然医療脱毛がおすすめです。

脱毛にかかる費用をなるべく抑えたいという人は、脱毛サロンを利用しましょう。

剛毛を脱毛したい方はIPL脱毛を採用している銀座カラーシースリーキレイモ、うぶ毛までしっかり脱毛したいという方はS.S.C.脱毛を採用しているミュゼプラチナム脱毛ラボがおすすめですよ。

脱毛サロンには格安で利用できる体験脱毛があるので、まず体験してみるといいですね。

基本的に脱毛とは毛の成長の要である、毛乳頭にダメージを与えることで、毛の成長力を弱めることができます。

また1回の施術では終わらず、施術を繰り返すことで抑毛効果を発揮できるため、長く通える脱毛サロンや医療機関を利用してくださいね。